腸内フローラ 腸内細菌 水溶性食物繊維

MENU

オリゴ糖は腸内細菌のエサ

オリゴ糖という言葉を最近よくきくようになりましたが、低カロリーな上に腸内フローラの環境を整えるのに役立つ食品として注目されているんです。

 

オリゴ糖は、一般の砂糖に比べて低カロリーであり、小腸で吸収されないで大腸までとどくという特徴があります。そのことは・・・

・低カロリー
摂取しても太りにくい。
・小腸で吸収されない
小腸で吸収されるブドウ糖と違って血糖値を上げない。
・大腸にとどく
腸内フローラの善玉菌であるビフィズス菌のえさになる。

 

オリゴ糖は腸内フローラの善玉菌であるビフィズス菌のえさになるので、ビフィズス菌がオリゴ糖をたべてその数が増えることになります。

 

ビフィズス菌が腸内で増えることで全体として善玉菌が優勢になり、他の乳酸菌(善玉菌)も活性化してきます。

 

オリゴ糖は積極的に取り入れたい食品の1つなんです。

オリゴ糖を多く含む野菜・食品

普段の食事で取り入れたい食品です。

 

にんにく・アスパラガス・じゃがいも・玉ねぎ・ごぼう・キャベツ・ねぎ・はちみつ・チコリ など

オリゴ糖のシロップ・パウダー・甘味料

毎日オリゴ糖を多く含む野菜・食品をとりいれるのは難しいので、オリゴ糖を抽出してつくられたシロップ・パウダー・甘味料などを利用されるのもいいと思います。

 

やさしい甘さで、コーヒーや料理に入れてもおいしいです。
とりはじめはお腹がはる感じがある場合もあるようですが、慣れると消えるようです。

 

以前はとても高かった感じでしたが、最近はそれほどでもないみたいです。

腸内フローラを改善するための情報をご紹介!

スポンサードリンク