腸内フローラ 腸内細菌 水溶性食物繊維

MENU

腸内フローラの働き・作用

腸は、小腸・大腸がありますが、腸内フローラは主に大腸に広がっていて、そこから体のいろいろな箇所へ働きかけています。

 

腸内フローラはいろいろな秘められた力があり、体によい働きをしていることがわかってきていますが、まだ完全に解明されているわけではありません。

 

ですが腸内フローラ(腸内細胞)は、次のような働きをしていると言われています。

・食べものの分解・吸収をコントロール
肥満を改善できる可能性があります。
・免疫機能を調整する
免疫力が高められ、花粉症などアレルギー疾患を改善できる可能性がでてきています。
・脳へ影響
腸の神経細胞が脳と情報のやりとりしているので、おなかの状態が感情や思考に影響するとされていて、これがうつ病などを可能性があるかもしれないと言われています。
・肌のコラーゲン増加
一部の腸内細菌はエクオールを作ることで肌のコラーゲンを増やし、肌のしわをなくせる可能性がでてきています。
・インスリンの分泌に影響
短鎖脂肪酸をつくる腸内細菌の量によって、インスリンの量が増減することがわかってきています。腸内フローラを変化させることで糖尿病を改善できる可能性がでてきています。

 

その他に「がん」や「感染症」などとの関連を注目されてきています。

腸内フローラを改善するための情報をご紹介!

スポンサードリンク