腸内フローラ 腸内細菌 水溶性食物繊維

MENU

発酵食品を食べる

発酵食品は、体によい作用をする細菌や酵母などの微生物(プロバイオティクス)がつくりだしたもので、腸内フローラのバランスを整えるのに役立ちます。

 

お通じが改善する
腸内フローラの善玉菌が、発酵食品をエサにして酢酸や酪酸などの「短鎖脂肪酸」と呼ばれる物質をつくり、これが腸壁を刺激してお通じが改善され、善玉菌が増える環境ができます。

 

腸内を酸性にする
また、善玉菌は腸内が酸性の環境を好み、悪玉菌はアルカリ性の環境を好みますが、発酵食品をとることで腸内が酸性に保たれます。その結果、善玉菌を元気にし悪玉菌は生きにくい環境になります。

発酵食品:ぬか漬け、納豆、みそ、チーズ、醤油、かつをぶし、ヨーグルトなど

一度にたくさん食べるよりも、毎日欠かさずとることの方が大切です。

腸内フローラを改善するための情報をご紹介!

スポンサードリンク